師走のひととき…フレンチの時間を…

 12月6日 (土)

10月、神戸から六甲への、4班の集まりに、折悪しく私は行けなかった。
会えなかったのを残念がって、Tさんが空いた日に会いましょう~と
言って下さった。

そして、ふたりで、ランチにという事になったので出かけた。



【帝国ホテル大阪】…23階 フランス料理  “レセゾン”へ。

画像
画像


              【メニュー】 
                        アミューズ・ブーシュ
                              ■
           茄子をシャルロット仕立てにしてカマスのフュメと帆立貝を添えて

                香ばしいオニオンのムースに秋刀魚のタプナード
                              ■
                 マロンのポタージュをカプチーノ風に仕上げて
                        フォアグラを忍ばせて
                              ■
                     平目のパヴェをカラスミの風味で
                     松茸のリゾットとムール貝のジュ
                              ■
                     和牛肉のポワレに野菜を彩って
                色々な茸の入ったソースに西洋わさびを添えて
                              ■
                        デザートの取り合わせ
                              ■
                          小菓子とコーヒー

画像
画像



画像
画像



画像
画像



画像
画像



画像
画像



画像
画像



今日も会話のキャッチボールは健在だった。

3年前に出会っただけというのに、まるで長い経過を共有していたように、、、
     人の縁とは不思議なものだと思う。

来年は、みんなで新年会で会いましょう~ という話で帰ってきた。





この記事へのコメント