体内時計と夢判断

11月5日 (水)

体内時計が変、、、理由はそれが大きいからだと認識していた。

朝が起きられない。
というものの、24年度からの 学校へ行くことになった時期は、
お弁当も作らなければならないので、その頃は大丈夫だった。

とりあえず、週いちだから、なんとか、、、、


その生活も終わった、この夏は状況がまた時計の不安定を
意識するようになって、鬱陶しく思っていた。


だけど、、、
(案ずるより…)、、、で、夏が終わると少し元気になってきた。
最近は結構、朝まで機嫌よく眠っている気がしている。


そんななかで、昨夜は、夢を見た。
      山道のような高低さがあって、うえへ上へと登って行く。
      崖のような足元を、かがんだ姿勢で、両手を使って
      よじ登っていた。周りは草や木がいっぱい。

      青い空が見える。視界は爽やかで、でも、崖のような
      ところを、まるで ロック クライミングのように、、、


夢を見るという事も、普段からあまりあり得ない事なので~ 
さいわい、しっかり憶えていたので、“夢判断”を探してみた。



◾崖を登る
崖を登る夢は困難に立ち向かう意欲があるしるしです。
問題解決に全力で挑めば回避できるかもしれません。

◾崖を登り切ると美しい景色が広がる夢
これはいい夢です。



何か解決を要する問題でも起こるというのだろうか?。
今は思い当たることは、全く無いけれど。。。



            
           ともあれ、朝は <お日さん> に挨拶をしてスタートとしよう。
           体内時計のチクタクは大事にしよう。





     

この記事へのコメント