楽天ブックスで文庫本


12月31日 (月)

2012年の終の日になってしまった。

もはや、、、“光陰矢のごとし” なんて言葉も、死語になるような、
今更、と思える速さで、一ヶ月・一年は駆け抜けていくような 最近の日々。

そして、昔? 感じたような越年へのメリハリ、、、、きちんとケジメを、、、
という気持ち、行動も無くしつつある意識がおおきいのを感じる。


そんななかだけれど、昨日までチョッとなんでかなぁと???思っている事、ふたつ、、、

20日過ぎに、楽天ブックスに文庫本の購入をした。
~2,3日で届ける~ という事なのに来ない。

とうとう30日。問い合わせ電話も、業務外という慇懃無礼的な機械音ばかり。
私も気にするのを止めることにした。
~~~~途端、クロネコさんが ~~~ 
                             届きました…やれやれ…デス。


            

    
ブログ、フェイスブックなどが普及し、誰もが簡単に何気ない日常や
  気持ちをつづることができるようになりました。
  でも、そんな時代だからこそ、味わい深い 「名エッセー」を読み直して
  みるのも新鮮な体験かもしれません。



再読・こんな時、、こんな本、、 名エッセイに酔う  という朝日新聞のなかの一文。

文庫で復刊してから、売れ続けているという 4冊の紹介。

画像


そのなかの2冊を選んだ。
   “ 作者の視線と感性を味わう ” そんな思いのなかで。。。

画像画像










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント